カワサキスペシャリスト・ケイエスマルオートのブログ 

静岡市駿河区のカワサキ専門店です!よろしくお願いいたします。

カワサキマルオート販売 と ケイエスマルオート【その②】

こんにちわ、テンチョ斉藤です。


縁の話2.1

僕のバイク屋開業 話  パートⅡでございます。

カワサキに入社した僕が、どうしてバイク屋さんになったのか・・・・。

興味の無い方は、スルーしちゃってくださいネ~、申し訳ありません。

さてさて、1985年にカワサキに入社して以来、ほとんどの間
「サービス」 と呼ばれる仕事をしていました。

メーカーのサービス部門という所は、普通の修理ではなく、いわゆる
「新車クレーム」が発生したときの修理など が、担当職務でした。
現在のメーカー販社では、基本的に整備作業を行う事は無く、基本的に販売代理店の
教育や情報提供、品質情報収集を行っています。

僕は、四気筒大型車のミッションギア交換は、かなりな数の作業をさせていただきました (^_^;)
今思えば、全部いい経験でした、カワサキには、とても感謝してます。

カワサキ時代は転勤も有って、勤務地は、東京の大田区・浜松・松本・東京の足立区・大和市・
練馬のバイク屋さんに出向・大和市・東京の中野区 と何回か変わりました。

gpz400r_1985.jpg
※山田さんの「カワサキマルオート販売」で僕が買った最初の一台、「GPZ400R」

それからの 僕と山田さんとのお付き合いは、僕が静岡に帰ってきたら時折顔を出す程度でした。
山田さんは話しが長くて、おまけにちょっと変わった持論?哲学?をお持ちで、話を聞くだけで
ちょっぴり疲れてたことを思い出しました。

そんな感じで20数年が経過して・・・・。

そして、僕が静岡に引越ししてきた頃と同じ時期に、山田さんのお店の従業員さんが独立されて
修理対応が手薄になった期間が有りました、その時に僕は、時々 週末だけ整備の
お手伝いをするようになりました。これも 縁 ですね。

その頃から山田さんは、「お前、あと十年後に、この店を継いでくれないか」と 
冗談めいて 言って来るようになりましたが、しばらくすると 
「やっぱりやめた、お前はサラリーマンしてろ」と言い出す始末・・・それが繰り返されるようになって
そのうちに僕は、その話題は聞き流すようになってました。

しばらく、手伝いの依頼が無かったのですが、ある日久しぶりに依頼が有り
お店で、山田さんから聞かされた話は、現在病気で入院中である、以前も一度病気で倒れている、
店には病院から通っている、仕事が好きだから俺は絶対店を辞めない、
そんな話だった。

その話には続きが有って、まだしばらくは店を続けるが、いずれは店を引き継いで
もらいたい・・・・というような話だった。

病気の事は、少しショックでした・・・・・そして、急ぐ話ではなかった はずなんです。

ですが、そこから2週間ほど過ぎたある日の事、突然 山田さんから電話があり
店をたたむことにした、あとを引き継いでもらいたい、すぐに返事をしてほしい
と電話が有りました。

電話でいきなりだったから、その場では返事はしなかったと思いますが。

そう日を開けずに 「ハイやります」と答えてしまったんですね・・・・。
今思えば、我ながら無茶するわ~この人(笑)と思います。

だってね、「大丈夫!君なら出来る、修理もできるし何とかなる」そう言われて
ろくに考える間もないのに、
バイク屋さんを始めよう!と思ってしまったのだから・・・。

僕は、山田さんを信用していた。そういう事だと思います。

そこからは、あまりに急すぎて、うまく運ばないことが多かった

山田さんは 「あとは、お前の好きなようにやれ」 という少し距離を置いた感じで
僕は、自分が思いつく範囲で準備を進めてきた、そんな感じの約1か月の開業準備期間が
過ぎていきました。 僕は自分が、何がわからないのか分からない そんな状況で
見切り発車したのでした。僕の ケイエスマルオート ・・・・・ 未だに ややドタバタです(苦笑)

「マルオート」という名前は、山田さんが開業する当時「マル」と名のつくバイク屋さんの
景気が良かったから、そこにあやかって命名したそうです。

僕は、変わった店名だから覚えやすいし、ココはずっと昔から 「マルオート」 だったわけだから
既存のお客様に、引継ぎしたことが判りやすいと思ったので、その「マルオート」という店名は
引き継がせていただきました。
「ケイエス」という部分は awasaki pecialist(カワサキスペシャリスト)の
アルファベットの頭文字から取りました。

そこには、ずーと昔からの山田さんとの ご縁 がもとで今日の僕が有る。
そんな ご縁を 大切にしたいと思ったから、というのも大きな理由です。

開業以来今日まで、たくさんの方から色々なお話をうかがい、自分が知らなかった
沢山の事を教えていただき、店名は引き継がず、違う店名にした方が
お店の変貌ぶりをアピールできて、良かったのかもしれないな と思う機会が増えてきました。

でも、 全ての ご縁 を大切にしたい、そう思う自分の気持ちも大切にしたい・・・・
そんな気持ちでいます。

僕のケイエスマルオートは、ご来店される全ての方がお客様です。
ですから、バイクを見に来るだけでも大歓迎です。
バイクが好きな方、カワサキが好きな方、何時でも遠慮なく話しに来ていただいてOKです。
むしろ大歓迎です、沢山のバイク好きの方と、お知り合いにならせて欲しいと思っています。
基本的に修理の手抜き、低品質の中古車など、 “安い” というキーワードが絡む商品は扱いません
それは、後になって お客様の迷惑になることが沢山有るからです、開業から たったの3年間ですが 
そういった事例は、本当に沢山経験してきました。
そのせいか、ゼファ―が欲しいと言われても、他の新しいバイクをお勧めすることが多いです。
お客様の大切なお金は、有意義に使って欲しいと思います。
昔からよく言います「安物買いの銭失い」ってね。
初心者の方には、新車をお勧めしてます。車両トラブルに気を取られると運転操作に集中できない 
と思うから、運転操作に集中することで、バイクに乗ることを早くマスターしてほしいから。
その方が、絶対楽しいと思うから。
看板商品は僕  店長の齊藤です!

「マルオート」はそんなお店になりました。
どれだけ変わったのか、是非あなたの目で確かめてみてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感謝!です。

ケイエスマルオート 代表  齊藤 篤














カワサキ一筋30年 カワサキ馬鹿の店
ケイエスマルオートのウェブサイトはコチラ


〒422-8036  静岡市駿河区敷地1-19-19
お問い合わせは 054-237-7618


ただいまケイエスマルオートではスタッフを募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。


メールでのお問い合わせはこちら
ウェブ来店ご予約はこちら
ツイッターやってます!良かったらフォローしてね!
フェイスブックもやってます。いいね!いただけたら、と~っても嬉しいです! m(__)m



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

カワサキマルオート販売 と ケイエスマルオート【その①】

どうも!テンチョ斉藤です。
元気ですか?

寒くなってきましたね、バイク乗ってますか?皆さん・・・。
冬は、路面凍結やら、寒いやらで、なかなかバイクに
乗る気が起きない季節ですよね~
バイカーには、少しつらい季節になりました
というわけで、冬は、バイクと縁遠くなる季節ですね。

縁遠く・・・縁、縁と言えば、(ちょっと強引かな?)
僕がバイク屋さんを始めた理由、、、、
きっかけは、「縁」だったのです。

img1.png

どんな「縁」かと言いますと

ケイエスマルオートは元々は「カワサキマルオート販売」
という、山田 保 さんが経営するお店でした。
ここ最近の、僕と前オーナー山田さんとの関係は、僕が、時々山田さんに頼まれて
お店のお手伝いをしていた。そんな関係です。 山田さんと僕とは、全くの他人ですが
実は、何かと ご縁 が深いのです。

そのご縁の紹介の前に・・・・・少しだけ脱線

実は、お店を引き継いだ・・・というよりは 正確には 「カワサキマルオート販売」は廃業
その後、私が「ケイエスマルオート」を、同じ場所で、別のバイクショップを
新規開業させていただきました。
引き継がせていただいたのは、屋号の 「マルオート」 という部分だけです。 

DSCN0075.jpg

なので、山田ism 山田哲学までは 引継ぎしたわけではありません。
当然、商売のスタイル・方向性は、全く別・・・・ある意味、正反対な感じで頑張ってます(笑)
この間いらしたおばさまに 「商売っ気ないわねェ 大丈夫なの?」 と
心配されてしまう感じです。
それに、修理は得意だし好きですし
仕事に関しては 「めんどくさい」 という言葉は、口にしたくないし。
山田さんを知る人には、何と無く伝わってくれるかな?
※この件は、これ以上の説明は控えます。(^_^;)

話を ご縁に 戻して・・・

僕と山田さんの付き合いは古くて、三十年ほど前からになります。
そのころに、僕の家の近くに、山田さんがバイク屋を開業されて
スズキのGS250FWに乗っていた僕が通い始めた、それが 縁 の始まりでした。

当時の僕は、専門学校生でお金が無い、当然バイクを買う訳ではありません
でも、そんな僕が暇つぶしに来ても、当時の山田さんは、ちゃんと付き合ってくれました。
結局僕は、その後の20数年間で 山田さんから バイクを4台購入するわけですが
この時は、そんな事になろうとは、思ってもいませんでした。

あっという間に、専門学校も2年目になり、就活シーズンになったわけですが
4輪ディーラーへの就職が、どうしても気乗りしなかった僕に、山田さんが
カワサキ東日本販売 (現 カワサキモータースジャパン)に就職するように
働きかけてくれました。 おまけに、当時のカワサキにも連絡してくれたりで
お世話になったわけです。 おかげさまで無事 カワサキ に就職出来ました。

僕は、山田さんとの ご縁 がきっかけで カワサキの販社(業界では卸し会社をそう呼びます)
に就職したわけです。

そこから20数年間、カワサキマン生活を送るわけです。
カワサキ漬け の期間が長かったのが「カワサキ馬鹿」たる由縁でございます。

長くなってしまいました 今日はこの辺で ここまで読んでいただき感謝です
ありがとうございます。 この先は、【その②】に続きます。



カワサキ一筋30年 カワサキ馬鹿の店
ケイエスマルオートのウェブサイトはコチラ


〒422-8036  静岡市駿河区敷地1-19-19
お問い合わせは 054-237-7618


ただいまケイエスマルオートではスタッフを募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。


メールでのお問い合わせはこちら
ウェブ来店ご予約はこちら
ツイッターやってます!良かったらフォローしてね!
フェイスブックもやってます。いいね!いただけたら、と~っても嬉しいです! m(__)m



このエントリーをはてなブックマークに追加
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。